2019年6月28日に全国一斉公開される映画『凪待ち』に関してご紹介していきたいと思います!

凪待ちは新しい地図の香取慎吾さんが主演の作品で、ジャニーズ事務所退所後初の主演映画になりますね。

公開前からネット上では話題になっているわけですが、それは香取慎吾さんが久しぶりの映画主演という事も理由の一つだと思いますが、やっぱり作品の内容に興味を持っているのではないかと個人的には感じます。

凪待ちは、人生のどん底まで墜ちた男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇を描いた作品です。

このような作品って、結構好きな人多くないですか?だからネット上でも話題になっているんだと思うんですよね。

しかも香取慎吾さんは、今までにないような感じの役柄なのでここも見どころの一つとして注目されてます。

そんな凪待ちの魅力だったり、舞台挨拶・試写会から監督について紹介していきたいと思います!

Sponsored Links

凪待ち(香取慎吾主演)の舞台挨拶・試写会について

凪待ち 舞台挨拶 試写会

凪待ちのあらすじを紹介

まずは、凪待ちのあらすじを簡単に紹介したいと思います。

人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生を描く。無為な毎日を送っていた木野本郁男は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓と彼女の娘・美波とともに亜弓の故郷である石巻に移り住むことに。亜弓の父・勝美は末期がんに冒されながらも漁師を続けており、近所に住む小野寺が世話を焼いていた。人懐っこい小野寺に誘われて飲みに出かけた郁男は、泥酔している中学教師・村上と出会う。彼は亜弓の元夫で、美波の父親だった。ある日、美波は亜弓と衝突して家を飛び出す。亜弓は夜になっても帰って来ない美波を心配してパニックに陥り、激しく罵られた郁男は彼女を車から降ろしてひとりで捜すよう突き放す。その夜遅く、亜弓は遺体となって発見され……。

郁男という一人の男が憎しみの中でもがきながら生きる姿を描いた作品です。

どのような結末が待っているのかは、是非劇場でお確かめ下さい。

公開は、2019年6月28日(金)です。

続きは、劇場で!

凪待ちの舞台挨拶・試写会の紹介

新しく上映される映画は、舞台挨拶だったり一般向けの試写会イベントが大抵の場合開催されます。

この凪待ちに関しても、舞台挨拶や試写会が開催される予定になっています。

舞台挨拶・試写会の情報ですが、凪待ちの公式ツイッターで情報が発信されてました。

2019年5月23日(木)19:00〜試写会の募集を開始するとの事。


詳細に関しては、凪待ちの公式twitterを確認して下さいね。

凪待ち公式twitter

 

そして、Filmarks試写会も開催されるので、こちらの情報もお伝えしたいと思います。

◼︎日時:①2019年6月17日(月)15:30 開場/16:00 開映(上映後、白石和彌監督によるティーチイン)
②2019年6月17日(月)18:30 開場/19:00 開映(上映前、白石和彌監督によるティーチイン)
◼︎上映時間:124分
◼︎会場:キノフィルムズ試写室(東京都港区六本木7-8-6 AXALL六本木ビル 3F​)

こちらの試写会の応募締め切りは、2019年6月9日(日)23:59までなので念の為応募してみようという方は、下記より応募をお願いします!

Filmarks試写会も応募

凪待ち(香取慎吾主演)の感想が気になる!

凪待ち 映画 感想

それでは、凪待ちの感想をお伝えしたいと思います。

と言っても、まだ試写会も終わってないので、一般の方は見ておりません。

ですので、感想については、後日分かり次第追記をしていきたいと思いますので、しばらくお待ち下さい!

凪待ち(香取慎吾主演)の監督の紹介!

凪待ちの監督は、白石和彌さんです。

こんな方ですね。


ちなみにこのツイートは、白石和彌さんご自身のtwitterです。

白石和彌twitter

白石和彌さんはこれまでに、映画やドラマを中心として様々な作品を手がけてこられました。

2019年は、凪待ちの他に『ひとよ』という映画も公開されますのでダブルで楽しみですよね!

そして、これまでに様々な受賞させていただきますのでご覧下さい!

2013年度
  • 第5回TAMA映画賞 最優秀新進監督賞(『凶悪』)
  • 第38回報知映画賞 監督賞(『凶悪』)
  • 新藤兼人賞2013 金賞(『凶悪』)
  • 第35回ヨコハマ映画祭 森田芳光メモリアル新人監督賞(『凶悪』)
  • 第37回日本アカデミー賞 優秀監督賞、優秀脚本賞(『凶悪』)
2017年度
  • 第42回トロント国際映画祭 コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門出品(『彼女がその名を知らない鳥たち』)
  • 第39回ヨコハマ映画祭 監督賞(『彼女がその名を知らない鳥たち』)
  • 第60回ブルーリボン賞 監督賞(『彼女がその名を知らない鳥たち』)
2018年度
  • 第31回日刊スポーツ映画大賞 監督賞(『孤狼の血』『サニー/32』『止められるか、俺たちを』)
  • 第61回ブルーリボン賞 監督賞(『孤狼の血』『止められるか、俺たちを』『サニー/32』)
  • 第42回日本アカデミー賞 優秀監督賞(『孤狼の血』)
  • 第28回日本映画批評家大賞 監督賞(『孤狼の血』)

 

授与された賞の数がマジで多いですよね。

これこそが白石和爺

今後とも、まだまだたくさんの情報を入手できるので、荒れるのか、大上がりかなり上がってみました。

凪待ちが、2019年のヒット作になれるように、映画館へ足を運ぼうね!

 

最後までご覧いただき有難うございました。