2019年6月21日に全国公開される映画『ザ・ファブル』についてお伝えしたいと思います。

ザ・ファブルはヤングマガジンで連載されている人気漫画です。

今回実写化が実現しスクリーンでも楽しめる事となり、公開が待ち遠しいファンが沢山いるのも事実なんですよね!

実写化した事で失敗に終わる作品も多い中、今作はいかがなものでしょうか?

豪華な配役が話題になっていますのでキャストの紹介から作品の感想や監督についてもお伝えしていきたいと思いますのでご覧下さい。

Sponsored Links

ザ・ファブル(実写映画)の配役キャストがヤバいくらいに豪華!

ザ・ファブル 映画 配役 キャスト

ザ・ファブル(実写映画)のあらすじ

配役キャストを紹介する前に、まずは今作のあらすじを簡単にお伝えしたいと思います。

超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられる。もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘。そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込んでいく。

原作は、ヤングジャンプで連載中の作品で2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックですから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

実写化するにはそこまで難しくない内容の作品だと思うので、原作が好きな方にとっては楽しめる内容になっていると思いますよ。

見どころは要所要所に散りばめてありますが、やっぱり岡田准一さんのアクションだと個人的には思います。

あとはキャスト陣が豪華なので、そこも楽しめる要素の一つでしょうね!

ザ・ファブル(実写映画)の配役キャスト

今作に出演するキャストはとても豪華なメンバーで編成されていますので、ここで簡単に紹介していきたいと思います。

・ファブル(佐藤アキラ)/岡田准一

・佐藤ヨウコ/木村文乃

・清水ミサキ/山本美月

・フード/福士蒼汰

・小島/柳楽優弥

・砂川/向井理

・コード/木村了

・黒塩(クロ)/井之脇海

・河合ユウキ/藤森慎吾

・ジャッカル富岡/宮川大輔

・田高田/佐藤二朗

・浜田/光石研

・海老原/安田顕

・ボス/佐藤浩市

・幼少期のファブル/南出凌嘉

・バー「バッファロー」マスター/六角精児

・松沢/粟島瑞丸

・鉄板焼き屋「ちっち」店長/モロ師岡

・貝沼/好井まさお

・古着屋店主/倉本美津留

・工場長/藤原光博

見てお分かりのように、現在大活躍中の役者が勢揃い!

リアルな話、ギャラだけでも結構な額になりそうな、そんな配役キャストですよね。

ですから、配給側としては絶対にヒットしてほしい作品だと思いますが、多分ヒットすると思います。個人的な意見ですが(笑)

この作品を見た時、綾野剛さん主演の作品『新宿スワン』実写映画を思い出しました。

実写映画の新宿スワンも、キャストが豪華でしたし内容もアウトローでヤンマガに連載中の作品でしたからね。映画はそこそこヒットしましたもんね。

なのできっと、ザ・ファブルもヒットするでしょう!

ザ・ファブル(実写映画)の感想を紹介!

ザ・ファブル 感想 実写映画

ザ・ファブルは、一般公開の前に試写会が行われました。

その試写会を観た方の感想を簡単にまとめてみましたのでご覧下さい!

笑える。コメディ。宮川大輔のギャグが頭から離れません。
岡田准一はやっぱり体がいいねぇ。あんなに動けるなんてすごい。
さすがのアクションでした。最初は違和感あった演出でしたが最後はくどくなく見れました。笑いどころも多くシリアスもあり楽しく2時間過ごせました。続編などあれば是非期待したい
柳楽優弥は良い役者だなー チンピラ役もハマるし関西弁も一番マシ とにかく柳楽優弥の顔が好きだ
EDの選曲が謎すぎて一番笑える
ファブルかっこよすぎ!そしてとってもおちゃめ!
銃撃戦はかなり見応えがあったけどハラハラドキドキ目を覆いたくなるシーンも多かったです…。
人を殺しちゃいけない殺し屋…最後まで完璧なプロでした!
落とし前の付け方にはなんとも言えない潔さがあってグッときました!
佐藤浩市シブかったなぁ…
福士蒼汰はクレイジーな悪役だけどなんだかものすごくかっこよかった!
原作未読ですが面白かった!😳
世間知らずの殺し屋が普通の生活するって大変なのね。無表情の岡田准一が良かった。サムいピン芸人のギャグにだけ反応するって🤣ストーリー的には前半コメディ。後半アクション。バランスも良くとても見やすかった。でも劇場映えするのは銃撃戦くらいかなぁ。福士蒼汰のキレた殺し屋役が秀逸(悪役珍しい)
佐藤二朗の存在感がバツグン(一言一言が面白い)
意外と物語のキーマンとなる安田顕に驚愕😳あと、エンドロールで席を立たないように。
詳しくは観てからのお楽しみ🥰
なんかもういろんな意味で大興奮、大満足な映画(^^)
興奮し過ぎて、何度鼻血が出そうになったことか…(笑)なにせ、岡田さんの裸体が何度も拝めたのですから…(*゚▽゚*)予告を見る限りは、ギャグ的なものが強めのコメディ映画なのかと思っていましたが、まさかまさかのアクションバトル!岡田さんの迫力ある戦闘シーンを観ていると、SPのドラマを思います。キレッキレの殺し屋というのは、岡田さんにとって、もう十八番の言えるほどの役柄。今回も見事に敵をバッタバッタとなぎ倒す圧巻の姿でした。

武道を嗜んでいるからこそ発揮される、キレのある演技にもう釘付け!

アクションシーンは、岡田さんの独壇場との言える素晴らしい名シーンとなりました!

対するお笑いシーンは、様々な豪華キャストによる演出によるもの!

ヤクザヤンキーの役がお似合いの面子をこうも揃えたかと言いたくなるほどの、
名優ばかり。

柳楽優弥さん、安田顕さん、佐藤浩市さん、福士蒼汰さんなどなど、個性豊かな人々をズラリと揃えています。

中でも、柳楽優弥さんのぶっ飛んだ演技は、かなり印象的!

『銀魂』の土方さんの時も、ドラマ『ゆとりですが何か』の時と同じか、それ以上にインパクト大!!

人をイライラさせる天才なのではないかと思うような、大胆で豪快な演技は彼だからこそなし得るのではないでしょうか?

さらに、福士蒼汰さんや安田顕さんの、カッコ良いけどトリッキーな演技も最高!

こんなに濃いヤクザはそうはいないと分かっていながらも、ついつい見入ってしまいました(笑)

この映画のテーマは、殺し屋は普通の生活を送ることができるのか?というもの。

普通がとんなものかを知らない岡田さん演じる殺し屋は、ことごとく以上な行動ばかり示してしまいます(笑)

周りに突っ込まれながらも、真面目に普通を努力する岡田さんの演技が本当に面白い!

2時間4分という時間があっという間に感じるほど夢中になれる映画でした!

今年観た中では、結構上位にランクインしそうな予感(笑)

笑いあり、アクションありの、大大大満足な映画となりました。

試写会を観た方々は、大満足の内容だったようですね!

面白いという感想の中には、様々な要素が含まれています。

どのような要素かは、実際に作品をご覧になり、ご自身で面白さを感じとってみて下さいね♪

ザ・ファブル(実写映画)の監督について

ザ・ファブル(実写映画)の監督は、『江口カン』さんという、福岡を拠点に活動するKOO-KIの代表です。

こんな方ですね〜。

ザ・ファブル 監督 江口カン
引用元:https://www.e-avanti.com/9588

江口カンさんがこれまで携わった作品は様々あります。

・めんたいぴりり(映画)

・ソフトバンクホークス(CM)

・コカコーラ(CM)

・JR九州(CM)

・NIKE iD(webムービー)

・TOYOTA G’s(webムービー)

等、この他にも様々な作品を手がけている方です。

そしてこれまでに様々な賞を受賞されています。こちらが受賞歴ですね。

  • 2007 カンヌ国際広告祭 銅賞 NIKE iD「Cosplay」
  • 2007 N.Y.フェスティバル 銀賞 NIKE iD「Cosplay」
  • 2007 NY ADC Viral Campaign NIKE iD「Cosplay」
  • 2008 カンヌ国際広告祭 銅賞 NIKE「Escort」
  • 2008 N.Y.フェスティバル 銀賞 NIKE「Escort」
  • 2008 第12回文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品 NIKE「Escort」
  • 2009 カンヌ国際広告祭 金賞 相模ゴム「LOVE DISTANCE~僕らは、10億ミリ離れていた。~」
  • 2009 福岡市文化賞
  • 2011 福岡県文化賞
  • 2013 ATP賞ドラマ部門奨励賞「めんたいぴりり」
  • 2014 ギャラクシー賞奨励賞「めんたいぴりり」
  • 2014 日本民間放送連盟賞 優秀賞「めんたいぴりり」
  • 2015 日本民間放送連盟賞 優秀賞「めんたいぴりり2」

 

こんな素晴らしい方が手がけた今作は、間違いなく期待できる作品だと思いませんか?

DVDではなく、是非映画館へ足を運びこの作品を楽しんでほしいと思います!

映画館へ足を運び、日本の映画市場を盛り上げましょう♪

 

最後までご覧いただき有難うございました。