北海道の代表的なお祭りの一つ『YOSAKOIソーラン祭り』が今年も6月5日(水)〜6月9日(日)で開催されます!

2019年のよさこいソーラン祭りは、第28回目の開催となり再来年には30周年を迎えますね。

北海道のよさこいソーラン祭りは、参加者が約3万人・観客数が約200万人というかなりスケールの大きいお祭りなので、見応え十分ですよね!

そんな北海道のよさこいソーラン祭りを見る側としては、交通規制や混雑時間って気になるところですよね。こんなに沢山の人が集まる場だと尚更です。

そこで、交通規制や混雑の事や出店屋台も一緒に調べましたのでご覧下さい。

Sponsored Links

よさこいソーラン祭り2019の交通規制について

よさこいソーラン祭り 2019 交通規制

北海道よさこいソーラン祭りは、5日間で約200万人が来場するビッグイベントですから交通規制がどうなるのか気になりますよね。

特に車で移動して見に行く人であれば尚更です。

2019年の交通規制がどのようにされているかは、はっきりした情報開示がされてませんので何とも言えませんが、2018年の交通規制と極端に変化はないと思うのでこちらを参考にすれば良いかと思います。

大通周辺(大通・一番街・すすきの)【交通規制図】

新琴似・ファイターズ通り【交通規制図】

平岸【交通規制図】

新たな情報が分かり次第追記させていただきます!

よさこいソーラン祭り2019の混雑時間は?

よさこいソーラン祭り 2019 混雑時間

北海道YOSAKOIソーラン祭りは一日中どこかの団体が演舞をされていますので正直なところ、どの時間帯も混雑しています。

以前、一度だけこのお祭りを見に行った事があるのですが、一日中混雑していましたよ。

なので、この時間帯がオススメですよというのはありませんが、せっかく見に行かれるのであれば夜まで楽しむ事をオススメします!

というより、僕個人的に夜のYOSAKOIソーラン祭りの方が雰囲気があって良いと思います。

よさこいソーラン祭り 会場
引用元:https://www.yosakoi-soran.jp/eventmap.html

こちらの図は、2017年の会場のマップですが今回の会場もこのような形になっていると思います。

会場周辺には美味しい飲食店が沢山ありますので、北海道の美味しい物を楽しみながらYOSAKOIソーラン祭りをENJOYする事をオススメします♪

よさこいソーラン祭り2019の出店屋台は?

どんな屋台が出店されているかは行ってみてからのお楽しみですが、昨年も様々な屋台が出店されています。

こんな感じでネット上にもアップされてますね。


こんな感じで広い範囲に沢山の屋台が出店されているので、これもYOSAKOIソーラン祭りの楽しみの一つではないでしょうか?

美味しい物を食べ、飲み、そして演舞の迫力に酔いしれるのがYOSAKOIソーラン祭りの醍醐味なので、わざわざでも足を運ぶ事をオススメする程、素敵な祭りなので是非行ってみて空気感を味わって下さいね!

 

最後までご覧いただき有難うございました。