最近の小学生が、将来なりたい職業の中にランクインしてる職業の一つに『YouTuber(ユーチューバー)』があります。

一昔前では考えられない職業ですが、現代ならではの職業でユーチューバーのヒカキンさんはじめ様々なユーチューバーがネット上で話題になっているのであれば子供達が憧れる理由も分かります。

そんな中、小学生でありながらユーチューバーとして自分の世界観を発信しているゆたぼん』君がネット上で話題になっています!

小学生の憧れの職業の一つであるユーチューバーを、実際に小学生が実践している姿をみた子供達はより一層ユーチューバーという職業に憧れるかもしれませんが、気になるのはゆたぼん君の私生活やプライベートなところなので、ご両親の事をd含め紹介をしていきたいと思いますのでご覧下さい!

Sponsored Links

ゆたぼん(中村逞珂)の父母の職業はなんなのか?

ゆたぼん 中村逞珂 父母 職業

ゆたぼんってどんな少年なのか?

ゆたぼん君のご両親の事をお伝えする前に、ゆたぼん君の事を簡単にご紹介したいと思います!

ゆたぼん君の年齢は、現在10歳(※2019年5月現在)です。

10歳であれば、小学校へ通う子供ですが、学校へ行く意味を感じなくなり不登校になりました。

不登校になった時に考えるのは、これからどうしよう?とかちゃんと生きていけるのか?等の不安要素だと思いますが、ゆたぼん君の場合は全くそんな不安要素はなくむしろ『学校へ行かなくても楽しい人生を歩める!』と発信する超前向きな少年です!

こんな感じで発信をするゆたぼん君を見てどう感じますか?

感じ方や考え方は人それぞれなので賛否両論あると思いますが、僕はこのような生き方も全然アリだと思います。

当人がこの生き方に心底納得し楽しく生きているのであれば、これもこれで新しい生き方かと。

逆に、ゆたぼん君を見て勇気付けらる子供や大人も沢山いると思うし、生き方に決まりなんてない事を体現してくれていると思います。

ゆたぼん君は、twitterとYouTubeで自身の活動や想いを発信しているので是非ご覧下さい。

ゆたぼんtwitter

ゆたぼんYouTube

ゆたぼんの父母の職業について

ゆたぼん君の発信活動を支えているのは当然ご両親の存在です。

普通なら、学校へ行かずにYouTubeで発信するなんてダメだ!といった親がほとんどだと思いますが、ゆたぼん君のご両親はゆたぼん君の意向に向き合って応援しているから、僕は個人的に凄いなと思います。

だから、ご両親の理解無くして、ゆたぼん君のユーチューバーとしての活動はありませんよね。

そんなご両親はどんな人なのか?そこもちょっと気になるところです。

 

調べたところ、ゆたぼん君のお父さんは『中村幸也』さんです。

職業は、『心理カウンセラー』をされています。

ゆたぼん 父親 中村幸也 職業
引用元:https://ameblo.jp/yukiya-happy/

中村幸也さんもゆたぼん君のように様々な形で情報を発信されています。

中村幸也twitter

中村幸也facebook

中村幸也メルマガ

あきらめる勇気』という本も出版されているので是非ご覧下さいね。

 

そして続いてお母さんですが、お母さんの名前は分かりませんが職業は『デザイナー』をされているようです!

名刺・フライヤー・チラシ・ポスター等の紙媒体のデザインをフリーとして手がけています

ちなみに、ゆたぼん君のtwitterにお母さんが登場されていました!

ご両親が活動的な方々なので、ゆたぼん君もご両親を見て自分の人生を自由に作り上げたいと強く思ったのでしょう!

すごく素敵だと思います。

ゆたぼんの自宅は何処なのか?

ゆたぼん 自宅 何処

ゆたぼん君のYouTubeを観ると分かると思いますが、話し言葉は関西弁ですよね。

そう。ゆたぼん君の生まれは大阪で現在は沖縄在住って事なんですよね。

ご両親が大阪出身の方なのでしょうね。

 

ゆたぼん君は現在、沖縄県の宜野湾市に在住しています。

宜野湾市の何処に住んでいるかは分かりませんが、この狭い土地の何処かに未来の日本を背負うであろう一人がいるという事ですね!

沖縄はいい所ですよね〜。

僕もできたら移住したいですもん。

ゆたぼんの出身小学校は何処?

ゆたぼん君が不登校になったのは小学校3年生の頃。

きっかけは、こんな事。

宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。

それから、担任先生の言う事を聞く同級生がロボットのように見えてしまい、このままでは自分もロボットになってしまうと思い学校へ行くのをヤメたわけです。

ある意味勇気ある行動ですよね〜。

僕は凄いと思いますね。

 

そんなゆたぼん君が嫌になった小学校はおそらく大阪の小学校だと思います。

不登校をきっかけに沖縄へ来たわけですから、通っていた小学校は大阪という事になりますが、何処の小学校までかは明かされていません。

まぁそこまで言う必要もないって事で、表には出してないと思います。

通っていた小学校が分かれば追記したいと思います!

 

ただ、日本は小学校・中学校へ通うのは義務なのでそこちょっと気になるところではありますが、学校へ通わなくても学ぶ事は沢山経験できますし、あとは本人の気持ちと行動次第ですね。

今後どのような活動をしていくのか楽しみなゆたぼん君から目が離せませんね!

 

最後までご覧いただき有難うございました。